乳がん検診<br>(乳腺ドック)

乳がん検診
(乳腺ドック)
Breast cancer screening

現在日本人女性の9人に1人が乳がんになると言われています。
しかし、無症状のうちから定期的な検診を受けていただく事で、乳がんを早期に発見し治療することができます。
当院では、無症状の方々を対象に、マンモグラフィや超音波検査を用いた乳がん検診を実施しています。
乳腺ドックは市検診の対象外の方でも、年齢問わずどなたでも受けていただけます。

※乳房の症状がある方、健康診断で要精密検査となった方は保険診療となりますので、「乳腺ドック」ではなく、「乳腺外科」でご予約ください。

当院の乳腺ドックの特徴

  • 医師含めスタッフは全て女性なので、安心して検査を受けていただけます。
  • プライバシーに配慮した、完全個室の更衣室をご用意しております。
  • 予約制のため、スムーズなご案内が可能です。
  • 検査結果は、当日乳腺専門医よりご説明させていただきます。
  • 必要に応じて、専門機関としっかりと連携させていただきます。
  • ほっと一息つけるような、居心地のいい空間づくりを心がけております。

受診方法

乳腺ドックをご希望の方は、WEB予約もしくはお電話でご予約ください。
受診の際は健康保険証をご持参ください。

検査と費用(自費)

マンモグラフィ検査 7,700円(税込)
乳腺エコー検査 7,700円(税込)
マンモグラフィ検査+エコー検査 ※ 13,200円(税込)

※高濃度乳房とご指摘を受けたことがある方はこちらの検査をおすすめしています。

各検査の詳しいご説明はこちら

費用について

自費による検査となりますが、川崎市や加入されている保険組合の補助が受けられることがありますので、ご自身でご確認ください。
川崎市の乳がん検診の対象となる場合は当院からご案内させていただきます。

川崎市の乳がん検診はこちら

検診で指摘される乳がん以外の乳腺疾患

乳がん検診に関するよくある質問(Q&A)

乳がん検診を受ける最適な年齢は何歳ですか?

現在国や自治体により勧められている乳がん検診は、40歳からの2年に1回のマンモグラフィ検査ですが、乳がんは30代から徐々に増加していくため、若いうちから注意が必要です。
特に、家族歴や遺伝的要因など、乳がん発症のリスクが高い方は、より早い年齢から検診を勧められる場合があります。

マンモグラフィと超音波(エコー)検査の違いは何ですか?

マンモグラフィはX線を使用して乳房を撮影する検査で、特に乳腺組織が少なくなる40歳以降の女性に適しています。
一方、エコー検査は超音波で乳房を観察する検査で、乳腺組織が多い若い女性だけでなく、どの年齢の方にも適しています。
妊娠授乳期や豊胸術後の方はマンモグラフィを受けることができないため、代わりにエコー検査へご案内させて頂きます。

乳がん検診は痛いですか?

マンモグラフィ検査では放射線の被曝を極力減らすため、乳房を圧迫して薄く伸ばします。
その為痛みを感じる場合がありますが、圧迫は数秒ほどで痛みの感じ方にも個人差があります。
エコー検査は非侵襲的で痛みはほとんどありません。

乳がん検診で見つかるのは乳がんだけですか?

乳がん検診では乳がんだけでなく、良性の腫瘍や乳腺症など、乳がん以外の乳房の異常も検出することがあります。

乳がん検診の結果が陽性だった場合、次に何をすべきですか?

乳がん検診の結果が陽性(要精密検査)となった場合は、追加の検査が必要になりますので、専門機関を受診されてください。
陽性結果全てが乳がんというわけでありませんが、専門医と相談しながらより詳細な画像検査や病理検査など、次のステップへ進めていきます。

乳がん検診は保険適用になりますか?

川崎市の乳がん検診対象者の場合、自己負担は1,000円となり残りは公費負担となります。
検診は症状のない方が対象となるため、保険適応外の検査となります。
しこりなどの症状のある方は、検診ではなく保険診療でのご予約をお願いいたします。
保険適用に関して気になる方は、事前に当院へご相談ください。

Web予約

Web問診

044-455-6103

Instagram

Web予約 Web問診
pagetop